介護応援専門員の資格を取得して運命に役立つかなと

我々は介護のステージで介護職業、日々エージェントとして5通年働いた上で、介護協力専任員の国々資格を得ました。

こちらは用紙試行といった実技努力で合格をした後に、授業を受けた後に介護協力専任員の資格がいける。
こういう資格はケアマネとも言われていて、要介護お婆さんのサービスを調整したり、検討する資格だ。

介護協力専任員として働いたのは意義10か月ぐらいで、この時期におめでたがわかり職種から降りることになりました。

仕事をして色々な一家を訪問する中で、こんなに多くの人が利便が必要な状態にも関わらず、これまでそういった見聞がなかったのか、乗り越える気がなかったのかで
利用してこなかったんだなと言うことを実感しました。

大勢の生活経緯などの問題を聞かせてもらい、必要なサービスを紹介して、それを利用したことによって、日々が良くなった、介護ヒューマンが休めるようになったという評価を受けた時折醍醐味を感じました。

介護職業は高齢になると何やら続けていくのが激しいですが、ケアマネのパーソンは60年代ぐらいまでの女性が仕事をしてましたし、大きい生年月日でできると思いました。
自分が生年月日を重ねて思い出を積み上げる結果、それが活きてくる職種かなとも思います。

今はキッズに戦法が加わりすぎて頑張れるような状態ではありませんが、養育が落ち着いて仕事ができる状態になったら、また途中で終わってしまった構図になっている
介護協力専任員の職種にチャレンジしたいなという想いも持っています。

自分が誰かの役立つということを感じながら職種ができている時は、公私ともに充実しているように感じますし、職種を通じて自分自身が成長してきてるような気持ちになれることもありました。それを更に味わいたいだ。理学療法士の資格以外に何か取るべき資格はあるのでしょうか?